​職場風景(1)

鉄道土木工事 (鉄道近接工事 立坑掘削)

工事件名 牛浜・福生間9K074m付近志茂こ道橋新設工事

当社が携わった鉄道下部横断(アンダーパス構築)の関連工事です

竪坑をひたすら掘りました

掘った土の量は約1200m3、学校のプールの約3つ分でした

大きなクレーンで吊り上げたり、下げたりします

1.png

上げ下げするのは、バッカンという大きな箱

2.png

バッカンを穴の中に下げていきます (スライ、スライ)

※スライ、スライはクレーン車に出す合図です

3.png

どんどん下げていきます

4.png

どんどん下げていくと、底が見えてきました​

5.png

底にはショベルカーがいます。

このショベルカーで土を掘って、バッカンに土を入れます

6.png

バッカンが土で一杯になったら引き上げます。

7.png

地上まで引き上げたら、ダンプーに土を積み込みます

8.png

この作業の繰り返しでひたすら掘りました​

(バッカンを使う前は、掘り始めは普通のバックホー、その次はスライドアーム機を使用しました)

(写真は参考です)

9.png

バックホーは皆さんおなじみの機械です

10.png

スライドアーム機は深い穴を掘る形式です​

​職場風景(2)

スライドアーム機は深い穴を掘る形式です。

高所作業車講習

安全に作業をするためにいろいろな専門知識を身につけなければなりません。

今日は高所作業車を安全に操作するための講習です。

サコスさんの川崎営業所でお世話になります。

いろんなところを確認します。

11.jpg

こんなに高いところまで上がります​

12.jpg

軌陸車講習

今日はレンタルのニッケンさんの松戸営業所で講習を受けます。

多くの現場では、現場近くの踏切まで自動車として走行してきて、
踏切からレールの上を走行するようになります

写真はダンプ車タイプです

13.png

クレーン車のタイプもあるんですよ​

14.png

軌陸車脱出訓練

今日はサコスさんの浦安営業所で講習を受けます

軌陸車脱出訓練です

軌陸車が故障しっちゃたら?

ゴメンナサイではすみません

何としてでも線路から軌陸車を出します

手動ポンプで油圧装置を作動させます

手動操作の方法の説明を受けます

15.png

手動ポンプでここまで車体が上がりました​

あとは車体の向きをかえて脱出です

16.png

​職場風景(3)

鉄道軌道工事 (4頭式タイタンパによる軌道整備)

工事件名 厚木海老名間15k520m付近こ道橋新設その他工事

線路の保守をするために特別に改造された重機です

線路上を走行できるようになっています

(軌陸重機と呼んでいます)

弊社ではこのような軌陸重機を使用して多くの仕事をこなします

17.png

​職場風景(4)

鉄道土木工事 (エレメント牽引工法付帯土木)

工事件名 大崎上床エレメント開削工事

難易度の高い工事でした

地上を山手線と道路(補助163号線)が走り、その上を横須賀線が跨ぎ、
さらにその上に新幹線が走っています

新幹線、横須賀線の終電車が終わってから、
赤線の部分にトンネルを作っていく工事です

18.png
19.png

立体的にみると線路、道路、歩道橋、高層マンションがひしめきあう場所です (Google earth より)

現場の状況を資材置場に再現して、事前に模擬施工を行い、
施工方法に不備がないかを検討して、本番に望みます

20.png

最終電車が終わってから、新幹線の高架橋に影響しないよう慎重に工事を進めます
模擬施工のかいもあり、無事施工完了しました

21.png

​職場風景(5)

鉄道施設 土木軌道複合工事

工事件名 門沢橋・社家間小町橋りょう改良その他工事

弊社一社で土木施設構築、軌道監視、軌道整備を行いました

この小さな橋の下を流れる用水路を地中化し、橋を撤去します

22.png

既設の水路を撤去した後、管を線路の横から推進させまます

水路を先に地下化させます

23.png

水路の地下化ができれば、いよいよ橋の撤去です

橋桁と枕木を取り外し、橋台(橋桁を支えている部分)も撤去します

24.png

橋に関するものをすべて撤去し終わったら、

マクラギ(コンクリート製)を取り付けます

25.png

砕石を敷きならしたら、締固めを行い、電車が通れるようにします

26.png

完成しました

橋のない線路になりました

27.png